ネイルスクールで確実に習得|技術向上のコツを学べ

鮮やかな爪

芸能界を裏で支える仕事

状況に対応できる能力

女性

若い女性の間で人気のある仕事の1つが、メイクアップアーティストです。俳優や女優やモデルなどにメイクを施すのが仕事なので、華やかな印象があるのが特徴です。しかし様々な状況の中で求められるメイクをする必要があるので、とても重要な仕事です。技術力が必要とされます。またメイクアップアーティストの仕事はメイクだけでなくヘアセットもやりますし、ドレスや着物の着付けもやります。撮影現場では状況によってプランが変わる場合もあるので、どんな状況でも素早く対応できる能力が要求されます。それだけに俳優や女優やモデルに頼りにされる存在でもあります。臨機応変に、なおかつ創造性豊かに仕事をするのがメイクアップアーティストの最大の特徴です。

専門知識と能力が必要

メイクアップアーティストになるために欠かせないのは、美容に関する様々な知識です。そのためには高校卒業後に専門学校で勉強する必要があります。専門学校には美容師の資格を取得するコースと、メイクなどの技術習得に力を入れるコースがあります。将来性を見据えた場合、美容師の資格をとっておくことは大切です。専門学校の中にはメイクアップアーティストを養成するための学校もあります。実践的なテクニックを習得できるので、専門学校を出てすぐに働きたい場合は有利です。一般的には専門学校を出るとプロダクションなどに就職することになりますが、アシスタントとして現場で修行を積む方法もあります。早く現場での仕事の仕方を覚えるのなら、アシスタントとして働く方が有利です。